11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行 3日目

一夜明け、同じホテルにて朝食。
朝食もハズレだな・・・なんて思いながら静かに食べてると、
「食うモンが無い!」と容赦無い息子の一言(泣)
パンとジューズと茹で卵だけ食べてます。
ところが、、、
「この茹で卵めちゃめちゃ美味い!!」
と息子が言うと、
同じテーブルで茹で卵を食べてた方も、同じように頷き、
「トルコのニワトリは、日本とは餌が違うから美味しいんだね~」
なんて話になり、
以降、毎日茹で卵を食べてました。

バスは7時15分にホテルを出発し、約170キロ移動した後、
イズミール市内のコナック広場にて
道の向こう側には

エーゲ海が広がってる・・・・はず。
今にも雨が降り出しそうなお天気で、
視界が悪過ぎ(笑)

その後バスを走らせ、しばらく行くと、
田舎道に突然現れる革製品のお店。

実はこの旅行で革製品のお店に寄ることをとても楽しみにしていました。

中に入るとフカフカのソファーでお茶をいただきながら、
目の前にはファッションショーが始まります。
ショーを見ながら気に行った商品の番号をチェック!

ショーが終わると別室へ。
そこではトルコの革製品は子羊の革を使い、軽くて柔らかく、
畳んでシワになってもすぐに戻る・・・など、いかにいい製品かを
流暢な日本語で説明してくれます。
さらに、ここの商品はヨーロッパの一流ブランドに出荷される前のモノで、
そう、タグを付けたら3~5倍の値段に跳ね上がるんだそう。
さっきのショーで私がチェックしたコートは
「ココシャネル」に出荷する前のモノだった。。。

子供達に静かにしてるように頼み、物色開始♪
間髪入れずにヨーロッパ系の顔をした大人の男性が私を接客し始めます。
自分の希望をあれこれ言うと、彼は、私の体型を一瞬で確認し、
ピッタリなサイズのジャケットを着せてくれました。

素敵過ぎる♪
ニナリッチに出荷される前のモノと言うので、信じておこう。
値段交渉しますとは言うものの、風水的にも値切りってあんまり良くないし、
気持ちよく買い物したかったので、端数を切ってもらい購入。
その後、父の姿を探すと、バーバリーの革ジャケットを着せられてる父を発見(笑)
「お父さん、似合うじゃん♪」
娘も「おじいちゃんいいね~」
父「オレ、買おうかな。。。」
決まりです(爆)

父のジャケットの袖を補正してもらってる数分間に
もう一枚私に着せようとするさっきの男性。
「さっき買った」と言っても、
「着テミルダケ、アルマーニ、日本でカッタラ、100マンエン」
ホントか?
そう思いながら袖を通すと、到底私が選びそうもない
ファッショナブルで、リバーシブルの革ジャケット。
娘「お母さん、いいね」
いいのは分かるけど、買えないって・・・。
父「お前似合うな~、欲しかったらオレがプレゼントするよ」
へッ???そう?
はい。2枚目も購入。
旅行3日目にして早くもVISAカード2枚目です(爆)

昼食はトルコ料理で有名なチョップシン
食べやすく串焼きです。

午後はエフェソス遺跡の見学
ツルツル滑る大理石の道。
ホント、大理石だらけ。

紀元前の公衆トイレ
水も流れるようになっていて、ある種の水洗式。
座っているのは現地のガイドさん。
ちょっと胡散臭い人だったので、名前と顔は伏せておきます(爆)

図書館だった建物の前で
ほとんど壊れてるけど、立派な建物だったとすぐわかる。

26000人が収容できる屋外音楽堂。
大昔は政治の中心でもあったそう。
エルトンジョンのコンサートを最後に今は使われていません。

3日目のホテルの夜もバイキング。
相変わらず「食うモンが無い!」という息子。
大人もチーズとオリーブにそろそろ飽きてきた・・・。
疲れもかなりピークです。

温泉プール付きのホテルで、水着も日本から持ってきたのに、
疲れてしまって、食後はそのままベッドに倒れこみました。

4日目へ続く。。。

トルコ旅行 2日目

一泊目のホテルは、ロビーは狭いものの、
部屋もまあまあで、スリッパやバスローブも揃ってた。
朝食のパンも美味しくて、チーズやオリーブ、
はちみつやコンフィチュールもいっぱい♪

↓コレはすりつぶしたナッツとグラニュー糖を混ぜて固めたようなモノ。
ローマジパンのようなネットリ感も無く、
シャリシャリとして、始めて食べたけどおいしい。

この食事の美味しさを、もっと味わっておけば良かった・・・。
以降、どんな食事もこのホテル以上のモノは無かった。

バスに乗ると、成田から同行の添乗員さんより、
今回のスタッフさんの紹介。
現地の案内人1人、
バスにてトルコ周遊3000キロの旅ですから、
バスの運転手さん2人の計4人で連れてってくれます。

ここで現地案内人にマイクをバトンタッチし、
「トルコ、初めての人何人いる?」
-全員手を挙げる-
「ちょっとオソクナイ?」と冗談交じり(笑)
(だけどこの質問、大きな意味があるよね~、たぶん )

イスタンブール市内の住宅を抜けて、
ダータネルス海峡をフェリーで渡る。
雨に降られたので景色は見られなかったけど、
日本じゃ考えられないような、合理的な構造のフェリーに感心してました。

ランチはサバ。
極細のパスタとライスを炒めたご飯やほうれん草など。

バスを走らせトロイへ。
ここでさっきの船の中で傘を落としたことに気付いた息子。
雨に濡れながらの見学です。
紀元前から町が作られ、何度も壊れ、
それを更地にすることなく
上に新しい町を積み重ねていった跡が地層のように残ってます。

そして有名な木馬。

木馬の足元に梯子があって、中に入る事が出来ます。
胴体あたりの四角い穴からは顔が出せて、ちょっとした展望台です。

その後、バスを150キロ走らせ2日目のホテルへ。

トルコで食べる初めての夜ごはん。
お昼の料理がハズレっぽかったから、夜はどんなのか?
って期待したけど、バイキング形式でお昼よりさらにハズレ(笑)

3日目へ続く・・・。

トルコ旅行 1日目

今年のお正月に実家に行った時、
父が、「スリランカに行こうと思ってる」って言うから、
子供達と「いいな~、いいな~!!」の大合唱してたら、
お前らも一緒に行くか?と言うことになり、
さらに行く先も変更して、某旅行代理店のツアーでトルコに行くことにしました。

急いで期限切れのパスポートを作り直し、
申込書も書いて、保険も掛けて、オプションも申し込んで
お金払って・・・・、と順調に進めていたのに、
代理店の方から
『人数が揃わないので、このツアーはお断りさせていただきます』
とのこと・・・・。

急いで別のツアーを探したものの、
セントレアから飛ぶトルコのツアーは全て申し込み終了状態・・・。
半ば諦めていたけれど、JTBの旅行社なら、
成田からだけどツアーがある(嬉)
よーし、それで行こう!!!

こうして「父と私、子ども2人のトルコ旅行」が始まりました。

桑名→名古屋→品川→成田・・・。

久しぶりの新幹線で、みんな上機嫌です♪

お天気にも恵まれ、
富士山もばっちり見れました。

久しぶりに使ったちょっと大きめのハンドバックがとにかく使いづらくて、
成田空港のゴミ箱に捨てた(笑)
帰りの手荷物用にと思ってスーツケースの中に入れてきた袋で
歩き回ることにしました。

空港で手荷物検査で並んでると、
後ろに把瑠都が!!
彼もトルコに行くのかな?

飛行機に乗ると、いきなり香水の匂い。
この香り、あんまり好きじゃないな~って思っても、
飛行機中この香りがするのよ。。。

その中で出てきた機内食1
何のスパイスかな?
サフランライスが化粧水臭い(笑)

さっきの機内食でワインを飲んだおかげで少々眠れた後に
機内食2
わりと日本食っぽくて、さっきよりまし。

エコノミーの機内食・・・・。
無理に食事にしなくても、
コンビニのおにぎりかサンドイッチでいいと思った。。。

日本時間で夜中の3時ごろ、イスタンブールに到着し、
桑名の自宅から約20時間、
ぐったりしたまま、まっすぐホテルへ。

2日目へ続く・・・。

プロフィール

クボパン工房

Author:クボパン工房
自宅キッチンで手打パスタとパン教室を開いています♪
これからお料理を始めたい人、お子さんのおやつを手作りしたい人、お待ちしております。
出張教室も始めました。
御自宅や集会場など、オーブンがあれば車にお道具と材料を積んでお邪魔します♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

最近のコメント

カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。