04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行 5日目

一夜明け、ヒルトンの朝食バイキング。
冷たい生野菜を敬遠したくなり、もやしのナムルをチョイス。
どうしてこう、なんていうか、パンが美味しくない。

2日目以降のホテル、ドライブインの昼食、
どこで食べても小麦の香りが少ないし、しっとりし過ぎていて、
オーブンの中で水分が飛んでないような焼き上がりです。
相変わらず茹で卵は美味しい♪
はちみつも巣の形のままトレイに並んでます。

ホテルを7時15分に出発し、
7時30分には、またまた田舎道にドーンと現れる
「トルコ石のお店」
中に入るとこれまた流暢な日本語で
「トルコ石」と『トルコの石(爆)』の違いを説明した後、
ダークスーツの男性達が、ハチの巣をつついたように
ブーンとたくさん登場します。

値段交渉ってスタミナ使うね、
背中に汗びっしょりかいて、お店を出ました。

やっと観光に軌道修正し、楽しみにしていたカッパドキア観光

地下都市を歩いて見学。
地下一階で、小麦をつぶしていたと思われる石。

さらに下へ潜ると
有名な丸石の扉

天井にススの跡
キッチンと思われる。

不思議と地下に潜るほど温かく、
地下130メートルでは寒さもあまり感じなかったです。

見学が終るとバスを走らせ、
また突如として現れる(笑)
「トルコ絨毯」のお店。

部屋に入ると、女性達が細かい手作業で絨毯を作ってる。
流暢な日本語で絨毯の作り方の説明をする男性一人。

部屋を抜けると、カイコの繭から絹糸を作りだす様子を
数人の男性が実演。
糸を染める自然の原材料も紹介。

さらに、奥の部屋へ・・・。

美味しい飲み物をふるまってもらった後、
さらにお店の男性が増え、これでもか?というほど高級絨毯を広げ
そろそろ営業開始です。

高級絨毯とは無縁(失礼しました)の2人。
うちの息子と、今回のツアーでご一緒した信州大学の学生さん。
私も交じって雑談してると・・・、

父が数人の男性と値段交渉中。
サインしてます(笑)
日本で買うより安いとは言っても、
かなりの高額商品を売るお店なのだから、
飲み物をふるまうだけじゃなくて、
トイレの便座ぐらい温かくしておいて欲しいものですね。

スリーシスターズ

地層が自然に腐食され、柔らかい土が減っていって、
こんな形になっていくのね。

らくだの形にできた岩
デヴレント

昼食は洞窟レストランにて、マス料理。
結構好きな味だけど、スープが2種類出て来た後のメイン。
既にお腹いっぱいだって。

だんだん調子ついてきた父。
ウチヒサールでは、5ドル払ってラクダに乗る。

ラクダが歩き出すと危なっかしくって(笑)
旅行保険が頭をよぎったわ。
かけといてホント良かった。

普通の人はね、同じ場所で
↑こういう写真撮ってたよ。

その後、地元のスーパーマーケットに連れてってもらいました。
ヨーグルトだけでショーケースが埋まるほど。
子供用の水遊びバケツ位のサイズで売ってます。
ここで、スパイスだけで作るカレーでたくさん使う
コリアンダーを探したのだけど、トルコ語が分からず断念。
日本から来てくれてる添乗員さんに、
「コリアンダーってスパイスが欲しかったのだけど、
トルコ語が分かんないと、ムリですね~」とボヤいたら、
「それは日本で買ってください。」
・・・(笑)
この話し方、息子のバレーのM監督に似てる(爆)

バスを走らせ、首都アンカラへ。
どこまでも続く平野。
大陸だな~~。

ここは列車の駅です
駅の中にレストランがあります。

たぶん、前菜として出てきたモノ。
茹でたジャガイモと粗みじんの生玉ねぎ。
コレを料理として出すんだ~。へえ~。

食事が終って、入口と反対の扉を開けると、
いきなり電車のホームになります。
なんだか、ハリーポッターのワンシーンみたいだね。

ツアーでご一緒してる方たちとも仲良くなって来て、
もうすぐこの旅行が終ってしまうのが寂しい。

今日はたくさん写真撮って、たくさんあぶら汗かいて(笑)
トルコへ来て初めてぐっすり眠れた夜でした・・・。

6日目へ続く・・。

おかえりなさあい~~

ちょっとご旅行かと思っていたらトルコとは!!

楽しすぎますね!!

一緒にいった気分で食い入る様に一気に5日目まで
読んじゃったよ(笑)
BSおたくの母がトルコにいきたがっていた理由がわかる
気がしました

1枚ずつ写真から伝わってくるよ

こんばんは!
本日も楽しいレッスンをありがとうございました。
トルコの不思議なお菓子の名前が知りたくて(私は美味しいと思います♪)ちょっと検索したら、今日お目にかかったばかりのチャイグラスと同じものを発見!
マトリョーシカみたいにコロンとしたあの形。
本当にかわいかったです。ご馳走様でした!

 http://renk3.com/travel%20turkey/hediye/hediye2.html

stainlesscupさま

BSのように優雅にはいかないけど、
あんまりお小遣いがなくても楽しめる旅行だったよ。
田舎町は物価が安くてね。
全部食事が付いてきたツアーだったので、
考えなくてもいいし、待ち時間もなく、かなり合理的でした。
震災でかなりお疲れでしょうから、ゆっくりしてもらえる旅行をプレゼントしたいところだね。
Secret

プロフィール

クボパン工房

Author:クボパン工房
自宅キッチンで手打パスタとパン教室を開いています♪
これからお料理を始めたい人、お子さんのおやつを手作りしたい人、お待ちしております。
出張教室も始めました。
御自宅や集会場など、オーブンがあれば車にお道具と材料を積んでお邪魔します♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

最近のコメント

カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。