09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行 7日目

現地のガイドさんが、昨日のベリーダンスショーの前に
急用で交代することになり、
今朝からは、一日だけだけど新しいガイドさんにお願いするそう。

(若き日の池内博之クン似のイケメンくんでした♪)

7日目の朝はホテル出発が10:30という、
これまでからすると、気が抜けそうなほどゆっくり出来る朝でした。
が、イスタンブールのシェラトンの部屋はスイートか?と思うほど広く、
なんだか落ち着かず、うまく眠れませんでした。

相変わらずテレビを付け、韓ドラ「トンイ」を
今日は番組の最後まで見ることが出来ました。

食事はどこへ行ってもチーズやオリーブなど、冷たいモノが並んでますが、
パンの種類はちょっと増えたかな??

トルコの国旗に付いている三日月の紋章を形どって作ったと
言われているクロワッサン。
この話を、数日前に現地ガイドさんに話したら、
「へ?知らない・・・」とのこと。
1683年、首都ウイーンがトルコ軍に包囲されたにもかかわらず、
オーストリア市民がトルコ軍を破った記念に作られたパンです。
早起きのパン職人さんが異変を察知して、勝利に導いた立役者とも言われています。
と、こんな話をしたところ、
「ナンダカ、ホントみたいなハ・ナ・シ・・・」←信じてないな!!

今日の観光のメインは、ボスポラス海峡クルーズ♪
長良川程度の細さの海峡で、ヨーロッパとアジアを
同時に見ることが出来ます。

ヨーロッパ側の海峡沿いには、
高級レストランや高級ホテル、高級住宅街が並びます。
最低でも一泊10万円。
オバマ大統領が泊ったホテルは一泊100万円だって!!

どう見ても個人のクルーザーっぽい。
こんなクルーザーがあちこちに浮かんでます。

日本のODAによって建設された橋。
日本人以外にもそんな説明するのかな?

今回、成田からずっとお世話になっていた添乗員さんと記念撮影。
適当に突き放し(笑)、結構親切で、めちゃくちゃ頼りになる方でした。
出発前からお電話や空港でいろいろ教えてくださり、
本来の観光案内やチェックイン業務に加え、
ある時はカメラマン、ある時はポーターさん、またある時はSP(笑)と。
ほとんど寝てないと思われる激務にもかかわらず、
私たちをずっと笑顔でアシストし続けてくれました。
旅行が終ってからの「時差ボケ」解消テクニックなど、
いろいろあっても最後は心から「とっても楽しかった~~」
と思える旅にしてくれました。
日本から同行していただく添乗員さん付きの旅行は、今回が2回目でしたが、
添乗員さんによって、旅行の楽しみがこんなに変わるものだと、
改めて実感しました。
きっとこの業界では有名人なのではないか?と思うので、
お名前は伏せておきますね。

クルーズが終ると昨日の昼食時の隣りのお店(呆れた)でランチ。
それでも、ツアーの皆さんと一緒に食事が出来ることが嬉しかったです。

帰りの飛行機、11時間30分、頑張ろう!!
まるで、決起集会のようなランチでした~。

一日遅れで動いている他社のツアーは、悪天候のため道が封鎖になり、
どこかのドライブインで待ちぼうけをくらってるとの情報もあり、
昨日、バスが凍りながらも無事にイスタンブールに到着し、
全ての日程を体験できて、本当に嬉しい。

ランチが終ると、早めに空港へ移動。

飛行機の席を、なるべくみんなが近くの席で座れるようにと、
コレも添乗員さんの配慮です。

せっかく慣れてきたトルコ時間。
もうちょっと居たいような、日本食も恋しいような・・・。

8日目(帰国)へ続く・・・。
Secret

プロフィール

クボパン工房

Author:クボパン工房
自宅キッチンで手打パスタとパン教室を開いています♪
これからお料理を始めたい人、お子さんのおやつを手作りしたい人、お待ちしております。
出張教室も始めました。
御自宅や集会場など、オーブンがあれば車にお道具と材料を積んでお邪魔します♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

最近のコメント

カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。