03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京カフェ巡り

一夜明け、
ホテルのお誕生月特別プランはチェックアウトが12時ですが、
7時40分には夫を残し、私一人で部屋を出ました。

そう、今日一日は別行動なんです。
なんでも、マニアック過ぎる博物館(時計とか)に行きたいらしく、
私は東京のお友達を誘って、カフェ巡りでもしたいので、
こうなりました。

朝一番は、世田谷区等々力にあるオーボンビュータンで
9時の開店に合わせて、神楽坂マダムと待ち合わせました。
カウンターのみ9席あるとリサーチしていたので、
モーニングを食べる気持ちで行きました。
ガラガラ荷物を引きながら店内に入る女性客2人。
きっと私のように遠くから来てるんだよね~。

販売エリアはこんな感じ。

販売員は20代くらいの男の子達が7~8人。
丁寧に接客してくれて、焼き菓子もトレイに載せていってくれます。

お店のルールを知らないので、
「お茶も飲みたいし、お菓子も買いたい」との旨を伝えると、
店内のモノは全て席で食べられるとのこと。
じゃあ、持って帰れない生ケーキを食べて、
あとは持ち帰ろう。。。。
というコトで、
朝食抜きでガッツリケーキ2個とミルクティー。

神楽坂マダムは玉ねぎのキッシュとミルクティー。
それぞれ味見をしながら・・・。

普通のお店なら、久しぶりに会えたお友達と話が弾んで
なんだか終っちゃった~。っていう感じになるのですが、
ここでは、
その夢中になっていた話が中断するほど美味しかったです。

9時のオープン時には20個ほど並んでいたカヌレ。
友達とお茶している間に売り切れていました。
あらかじめ買っておいてラッキー♪
生地の目が詰まっていて、外側はカリッとしていて、
それでいて焦げてない。
気絶するかと思うほど美味しかった~。

お茶を飲んでる間も、続々と出来上がって来るケーキ。
ずっと気になっていたウイークエンドも買いました。
濃厚です。

その後、吉祥寺に移動する予定でしたが、
雨風が強く、駅から遠いお店には行けないとの判断をし、
代官山できになるお店に行きました。
テレビで何度も紹介されていた
セレブ・デ・トマトというお店。
ここは、全国のトマトとトマトジュースを扱う専門店。
お昼時ということもあり、
グラタンチーズパンケーキを。

その後、渋谷と代官山のちょうど中間地点にある
焼き菓子専門店。
車ならナビで連れていってくれるモノを、
雨の中、タブレット片手にお店を目指します。
苦労してたどり着いた焼き菓子屋さん。

大人の焼き菓子をコンセプトとして小さなお店で
女性一人で焼いて売ってます。
私が参考にするならこんなお店かな。

渋谷まで歩いて、その後銀座1丁目まで移動。
神楽坂マダムとは途中で分かれて、
午後は東京に移り住んだ桑名のママ友と
VIRON(ヴィロン)が手掛ける食パン専門店
「セントル・ザ・ベーカリー」で会うことにしました。

地下鉄銀座一丁目の階段を登って外に出て、
くるっと一回転辺りを見渡していると
ママ友のK谷さんが近くのお店から出てきてくれました。

久しぶりに東京で会ってるなんて信じられないくらい。
マイカルの噴水でバッタリ会った気分です。

お店は、食パンを買う人で行列ですが、
カフェスペースは意外と席が空いていました。

そこで名物の食パン食べ比べメニューを迷わずオーダー。
3種類の中から2種類の食パンを選べます。
バターが3種類付いてきて、
エシレバター、自家牧場の自家製バター、よつばバター。
トースターは、店内にオブジェのように並んでいるオシャレなトースターを
自分で好きに選べます。

パンは私が選んだので、トースターはK谷さんが・・・。

2枚のパンを自分たちのテーブルでトーストして、
バターを塗って食べる。
面白~い♪
食パン美味し~い。
ん?待てよ、
当日焼いた手作り食パンなら、美味しくて当たり前のような気もする(笑)

食パン2枚+自家牧場の低温殺菌牛乳付きで
1050円
ホットコーヒーは840円。
桑名なら、廃業一直線のような商売と思われるが、
東京駅まで歩いて行ける銀座一丁目ならではのお店ですね。

今回も私の趣味に付き合わせてしまったお友達2人。
一人では入れないようなお店で、一人では食べきれないような量を
2人でシェアすることによって、たくさん食べられて嬉しいです。

さらに2人とも、東京に住んでいても全く知らないお店だった!!
と言ってくださり、罪悪感が少し薄れます。

心より、ありがとう。

今回、都合が合わなくて合流出来なかったお友達も、
また行く時にはよろしくね~。

そうだ!朝、残してきた夫とはその後合流し、
新幹線に乗って、21時前には自宅に付きました。

自宅に着くと、、、、
タルト2台を翌日の朝9時にカフェにお届けするため、
さらに10時にはメロンパンのレッスンがあるので
準備しなくちゃ♪

東京での余韻が残る中、私の一日はまだまだ続きます。
スポンサーサイト

皇居参観

天皇陛下が80歳のお誕生日を迎えられた昨年末。
宮内庁が特別に人数限定で皇居を参観できる
企画を立ててくれました。
その情報をNHKのニュースで小耳に挟んだので、
夫が申し込んでくれていて、今回参観に行ってきました。

夫と二人で行く一泊二日の東京
新幹線降りて、山手線で新橋まで。
銀座を歩きながら、日比谷公園内の松本楼にてランチ。
お昼前なので、まだ人はまばら。

店内に入ると結構席は埋まってて、お天気もいいし
テラスで食べるコトにしました。
洋食屋さん=ハヤシライスと思っている自分に笑える。
お昼間近になると黒塗りの車が列をなし、
続々とスーツを着た初老の男性達が店内に・・・。
食べ終わって店を出ると、
ボスを待つ運転手さんたちが池の周りで待機してた。

皇居参観は参加許可証によると、
13時30分桔梗門前で集合とのこと。
ゆっくり歩いて向かいました。
約200人ほどのラッキーなメンバーが並んでいます。
身分証明の提示はなく、
「日本人ですか?」と質問されただけ(笑)
そう、世界中から参加者がいるらしい。

門をくぐると売店付きの案内所に通され、簡単な説明を受けます。
戻って来る頃には売店は閉まっているからと教えられ、
さっそく買い物。
宮内庁内売店限定のサブレやチョコレート、おまんじゅう、
ボールペンに、お箸や茶わんやお財布まで売ってます。

ここは宮内庁。車通勤OKなの?っていうほど
建物の回りは車がいっぱい。
そして、皇居内は結構車の往来が激しです。

案内の方が、しょっちゅう左に寄ってくださ~い。と声を上げてます。

宮内庁の建物を過ぎ、少々坂を上ると

テレビで良く見る建物。
一般参賀の時に天皇陛下が手を振られるベランダです。

そして、二重橋の手前から都会を見ると、こんな景色。
ここは一般参賀に参加した人からすれば、
そう珍しい景色ではないのですが、
私には初めての光景です。

約1時間半、案内付きの見学は、大人の修学旅行のようでした。
職員の方のお話も面白く、
【開かれた皇室】とよく言われますが、
両陛下のお考えが、職員の方たちの
品のあるユーモアに繋がっているのでしょうね。

終ると、足はクタクタなんですが、
合羽橋道具街まで移動して、昨年に引き続き真剣物色。

の後の、浅草で天丼~。
真っ黒なタレにビックリしましたが、
エビもかきあげも美味しかった~。

宿は、部屋からスカイツリーが見えるホテルで。
今月夫が誕生月なので、格安に泊れてラッキー♪
部屋の電気を消すと、都会のライトに吸い込まれそうでした~。

翌日へ続く。

家族旅行 2

一夜明け、昨日より更に雲が厚く、今にも降り出しそうなお天気。
目の前は皇居
皇居の向こうには武道館も見えます。

会員限定のキャンペーン中でいつもよりお安く泊まれたの。
応接セット付きの58平米もある広~い角部屋

主人と息子は違う廊下で同じ広さの角部屋。
昨夜のバーに行くのも、朝食に行くのも、
待ち合わせはいつもエレベーターホールだった。

昨日、ホテルに着くと、売店のパンを速攻で探しました。
前回買いそびれたスヌーピーのパンです♪
残り3袋のうち1つを購入。

ロビーのお花が夏らしくヒマワリ~。
雑草くらいにしか見てなかったひまわりも、
次は家でもこんな風に飾ってみようかな。

ホテルを出発して向かったのは、
10年ぶりに行ったスーパー。
前回の時は全体的に建物が古くて、、
それでも桑名には無いようなモノがたくさんあって
アットホームでオシャレなスーパーって感じでした。
去年リニューアルされてからは建物が新しくなって、
魅力的なコーナーも増えて、生モノが買えないのが残念だけど、
素敵な雰囲気は相変わらず、アットホームな雰囲気も相変わらず。
ソコに来るお客さんの雰囲気なのかな?
ついつい長居したくなります。

この後、
昨日行けなかった夫がどうしても行きたいと、
また銀座の和光へ・・・。

どんどん雲が厚くなってきて、ポツっと来たので、
タクシーにて東京駅に。

八重洲の地下街にアシックスの直営店があり、
そこで息子の足を計測してもらい、陸上のスニーカーを購入。

そこからちょっと歩くと、お菓子ランドに着いたので

揚げたてポテチとじゃがりこ味のポテトを食べました。
自分達が並んで買った時はお客さん3組くらいだったのに、
食べ終わった頃には20組くらい並んでました。
まだまだ人気あるんだね。

お土産は
息子が自分のおこずかいでかったジャンボチョコボールと
深海魚が印刷されたクッキー
娘が買ったホテルのチョコレートシロップ。

私は匠の味のエビせん

赤坂離宮で買った写真集と記念切手。


主人は新幹線に乗る直前、ねんりん屋のバウムクーヘンを買っていた。


この家族4人で旅行するってかなり難しくなってきたと、
私は知っていたけど(苦笑)
主人が身を持って実感した旅行でもあったようです。
ディズニーに行っても、ユニバに行っても
好みのアトラクションが違いすぎる子供達のために企画してくれたけど、
お土産売り場で女の買い物を待ってられない男たち。
マニアックな博物館は苦手な女たち。
やっぱり温泉行ってのんびりするくらいがいいんじゃない?
っていう話に落ち着き、大雨の東京駅を後にしました。

家に帰って来ると、
「やっぱホテルより家が一番いい!」
という息子に、
あんたが泊ってみたいって言ったんだろがぁ~!!
と、また姉弟喧嘩っす・・・。

家族旅行

子供たちの夏休みも終盤、
今年の家族旅行は東京観光にしました。

毎年この時期に内閣府が迎賓館赤坂離宮の参観を実施していて、
一年に10日間、事前の抽選に当たった人だけ
一日2000人入ることが許されています。
息子は年齢に達していないので、私と娘だけ応募して、
当選のお知らせメールが来たので、
それに合わせて家族旅行にしました。

新幹線で東京、上野までは同じ電車に乗り、
私と娘は東京都美術館で開催されている
「ルーブル美術館展」に行き、
主人と息子は向島にあるセイコーミュージアム(時計博物館)に行きました。

西洋と東洋の文化が混じる地中海周辺の4000年。
特にローマ帝国からオスマントルコ時代のロマンを感じます。
音声ガイドの声がアナウンサーの住吉美紀さんで、
「迷宮美術館」というNHKの番組の中にいるみたいでした。

お土産は
今回初めてルーブル美術館の外に出たというアルテミスの彫刻と
一番印象に残った作品のストラップ

上野駅にまで戻ると号外が配られてました。

そういえば新幹線の中でニュース速報で出てたな・・・。

ホテルのチェックインまで時間があったので、
娘と銀座に行き

和光でランチ
私はエッグベネディクトのセットを注文し

娘は黒米サラダのセット。

ホテルに荷物を置いて、
さて、今回の旅行のメイン、赤坂離宮の見学です。
門の外からみた佇まいでさえワクワクします。

受付が終ると、バッチを渡され、見えるところに付けて中に入ります。


中に入るとドッカーンと見える迎賓館

石畳でゴツゴツしている敷地を歩いて近づきます。
建物の中は撮影がNG。
それはそれは豪華絢爛でした。
晩さん会で使われた「~~の間」など、
ボランティアの方が写真と共に一生懸命説明してくれました。
実際のテーブルや食器を前に、
ここで食事をしろと言われても、喉に通らない気がするね~・・・。
なんて娘と呟きながらお話を聞いていました。

建物の中の見学が終ると、次はお庭

足首まで埋まりそうなジャリの庭。
ヒールをズボズボ言わせながら、噴水まで歩き、、、。

噴水と迎賓館を同時にパチリッ!
噴水を通り越したあたりに自販機と休憩所が用意されていて、
不思議に一般より安い(ポカリが80円)飲み物を買って一休み。

一回りした最後にお土産売り場があって、
写真集のようなパンフレットを買いました。
ここに入らないと買えないモノだよね。

私達が見終わった頃、
主人と息子も国立科学博物館を見終わったそうで、
待ち合わせして、夜はもんじゃ焼き~♪

ホテルに戻って一休みしたら、
ホテルのメインバーにて軽く一杯
テーブルに当たるライトや、壁のテラコッタが見たくて
わざわざカウンターに案内してもらいました。
ホテル100周年を記念して作られた
オリジナルカクテル「ティンカーベル」
美味しすぎ!!

主人はロックで

いっつもビールばっかり飲んでる人が
今日に限って変わったモノ頼むから笑っちゃいました。

2杯目は
バーの誕生と同時に生まれた大正時代からあるオリジナルカクテル。
「マウントフジ」卵が入ってるわりにはさっぱり。
当時は着物を着た女性が飲んでいたのかな~?
ヒールでめっちゃ歩いた一日、、、。
アルコールも回って、爆睡した夜でした~。

東京一人旅 3日目

最終日、昨日の東京の空は何だったんでしょうかね?
今朝は綺麗に澄み渡りスカイツリーが美しい♪

が、寒い(ブルッ)

ホテルをチェックアウトしたら、
本日は上野の合羽橋道具街で物色です。

合羽橋のランドマークとも言えるニイミのビル。

ここはまた別の意味でとっても楽しい街でした。
道具や型を見ているだけで、お菓子のイメージがどんどん膨らんで、
買い物をしながら、今すぐにでも家に帰って作りたくなる・・・。
そんな雰囲気を持った街です。

途中、河童の像があって、なんとなく手を合わせてみたくなる。
ご利益ありますように。

その後また、神楽坂のお友達と合流し、
お寿司を食べて、
また買い物し、
夕方の新幹線で帰って来ました。

家に帰ってからは次の日のレッスンの準備やら、
カフェのタルト作り、と、
結局スーツケースをそのままに、夜中までお仕事(笑)

でも、スッごく楽しい。
仕事してる時が一番楽しいって、ホントに幸せなコトですね。
そして都会の空気は、黄砂が舞おうが、PM2.5が飛来しようが、
私にはむしろ美容液♪
桑名から出た途端、お肌ツルツルだったのよね。
あ~~。
ストレスの原因が分かってきたぞ~~(苦笑)

プロフィール

クボパン工房

Author:クボパン工房
自宅キッチンで手打パスタとパン教室を開いています♪
これからお料理を始めたい人、お子さんのおやつを手作りしたい人、お待ちしております。
出張教室も始めました。
御自宅や集会場など、オーブンがあれば車にお道具と材料を積んでお邪魔します♪

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

最近のコメント

カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。